西日本紙管株式会社
沿革

当社沿革

1) 昭和33年3月  東洋パルプ(株)「現王子製紙(株)」呉工場に製紙用紙管を製作納入する業務を開始。
2) 昭和41年9月  株式会社西日本紙管工業所とする。
3) 昭和46年6月  熊本工場を新設。
4) 昭和63年11月 呉工場を新設。
5) 平成6年4月  西日本紙管株式会社に社名を変更。
6) 平成20年7月  八代紙管(有)を事業譲渡により譲り受け八代工場とする。

従業員数

本社・呉工場 18名
熊本工場   8名
八代工場   7名
総人員    33名

工場敷地

本社・呉工場 4300㎡
熊本工場   3000㎡
八代工場   1600㎡

建物

本社・呉工場 3000㎡
熊本工場   1000㎡
八代工場   980㎡

輸送設備

小型トラック(2t積、4t積) 7台
ライトバン         2台
専属契約4tトラック     2台

主要機械設備

スパイラルマシン        8台
ボビンスリッター        3台
オートトリマー         6台
小切切断機           9台
エキスパンダー(口金挿入機)  3台
紙管輸送コンテナ        他

NC丸鋸切断機        2台
NC紙管切断機        6台
自動結束機         10台
コンプレッサー       5台
紙管耐圧試験機       2台
フォークリフト       8台

主なる仕入先

丸紅紙パルプ販売株式会社
旭洋紙パルプ株式会社
株式会社岡山製紙
レンゴーペーパービジネス株式会社
日本紙管工業株式会社

株式会社森川商店
株式会社津村製作所
苫小牧王子紙管株式会社
佐賀板紙株式会社

主なる得意先

王子製紙株式会社 呉工場
日本紙管工業株式会社
瀬川工業株式会社
大阪樹脂化工株式会社
カモ井加工紙株式会社
レンゴーノンウーブンプロダクツ株式会社
旭紙管工業株式会社
積水成型工業株式会社
大北商事株式会社
レンゴー株式会社
萩原工業株式会社

ヒロホー株式会社
協和紙業株式会社
福岡クロス工業株式会社
丸定株式会社
諸富紙工株式会社
大石産業株式会社
積水フィルム九州株式会社
タフニック株式会社
ダイヤフーズ株式会社
フィルテクノス株式会社

会社情報PDFをダウンロード 893kb

Adobe Readerのダウンロード